【20代・30代 新型コロナ予防啓発ポスター!】第2弾ポスター/クリスマス【緑】ver.

~ キャッチフレーズは「愛しているなら、キスはおあずけ」【緑】ver. !!~

ダウンロードはこちらから

みんながヒーロープロジェクトは、医学・健康&情報科学・デザイン・広告分野の専門家、若者らとコラボレーションし、「20代・30代の若者」を対象としたデジタルポスターを作成しました。

みんながヒーロープロジェクトでは、様々な専門家とコラボレーションして、20代・30代の若者に向けた新型コロナ感染症の予防啓発ポスターを企画しました。

今回のポスター制作にあたっては、特にクリスマス前後における新型コロナ感染症の唾液・飛沫感染の予防・啓発につなげるメッセ ージとして、「愛しているなら、キスはおあずけ」というキャッチ フレーズを使用することになりました。

「愛しているなら、キスはおあずけ」等のキャッチフレーズを使用したデジタルポスターは、5種類制作しております。

2020年のクリスマスまでに、SNSなどでの啓発活動に活用していきます。

また、20代・30代向けの新型コロナ感染症啓発ポスターは、若い学生ともコラボレーションして、映像等も制作していく 予定です。

 

金子 沙由香(20代・SFC卒業生)からのメッセージ

「愛しているからこそ移さない。そんな思いが込められています。また、大切な人に移さないためにも自分が罹らないように、手洗い、マスクに加えて、顔周りを触らないことも気をつけていきたいですね。」

竹島 靖(伝説のコピーライター)からのメッセージ

「夏生まれのキャッチコピーですね。2020年7月17日、千葉県の大黒家セミナー「一行力講座第2回」90分間が、きっかけになったコピー。
新型コロナ対策の一助になる、そんな一行になることを信じます。竹島靖」

元木 伸一(映像プロデューサー)からのメッセージ

日本中の恋人たちへ「愛しているなら、キスはおあずけ!」それは我慢じゃなくて、パートナーシップの約束。2人だけの大切な恋を育てるために、もうしばらくの間、愛を紡いでいく時間にしていこう。そうすれば、きっと強くなれるよ。この青い地球で巡り逢った尊い絆を思い出にしないために。

 

【医学監修】山畑 佳敦(京都府立医科大学 救急・災害医療システム学 講師)

【キャッチフレーズ】Keiko Kojima(グラフィックデザイナー)、竹島 靖(コピーライター)

【デザイン】Keiko Kojima(グラフィックデザイナー)

【全体プロデュース】元木伸一(映像プロデューサー・ディレクター)

【企画】本田由佳(健康科学者)

【20代協力若者】金子沙由香(慶應義塾大学SFC卒業生)、上崎彩絵(慶應義塾大学SFC卒業生)、前田 綾香(慶應義塾大学SFC卒業生)、本田凌哉(大学生)

【ご賛同・協力団体】

プレコンセプションケア・ハートちゃんTeamBONETeamSmile産科婦人科舘出張佐藤病院、桐朋女子中学校・高等学校、©︎メディテインメント(株式会社メディシンク)、出口小児科医院大人の学び舎 大黒屋

【お問い合わせ】

慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム

*掲示にあたってのトラブル等の責任は一切負いません。

 


【20代・30代 新型コロナ予防啓発ポスター!】無料DL開始/第2弾ポスター

~ キャッチフレーズは「愛しているなら、キスはおあずけ」赤バージョン !!~

ダウンロードはこちらから

みんながヒーロープロジェクトは、医学・健康&情報科学・デザイン・広告分野の専門家、若者らとコラボレーションし、「20代・30代の若者」を対象としたデジタルポスターを作成しました。

東京都の関係者によれば、2020年12月17日、都内で新たに800人あまりが新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。

都内で1日に確認される人数は、過去最多です。

多くの専門家は、現在の感染者の主力は、20歳、30歳代であり(図1【2020年12月10日.東京都発表/感染状況①-5参照①-5参照】)、この世代への感染予防啓発と対策を行わないと、今後さらに増加すると警告を出しています。

【図1】

そこで、みんながヒーロープロジェクトでは、様々な専門家とコラボレーションして、20代・30代の若者に向けた新型コロナ感染症の予防啓発ポスターを企画しました。

今回のポスター制作にあたっては、特にクリスマス前後における新型コロナ感染症の唾液・飛沫感染の予防・啓発につなげるメッセ ージとして、「愛しているなら、キスはおあずけ」というキャッチ フレーズを使用することになりました。

「愛しているなら、キスはおあずけ」等のキャッチフレーズを使用したデジタルポスターは、5種類制作しております。

2020年のクリスマスまでに、SNSなどでの啓発活動に活用していきます。

また、20代・30代向けの新型コロナ感染症啓発ポスターは、若い学生ともコラボレーションして、映像等も制作していく 予定です。

山畑 医師(京都府立医科大学 救急・災害医療システム学 講師)からのメッセージ

「新型コロナウイルス感染症はまだまだ猛威をふるっています。 一人の感染がより多くの仲間に広がります。家庭に持ち帰ってさらに広まることにもなります。 若い人でも重症化している人はいます。 そして様々な後遺症が残っている人がたくさんいることがわかって来ました。 自分はかからないだろう、自分はかかっても重症化しないだろう、という思い込みはなくし、社会全体で感染を減らすために、それぞれの人がそれぞれの生活の中で対策できることを続けましょう!」

Keiko Kojima(グラフィックデザイナー)からのメッセージ

「「どうしても若い世代に伝えたい。」このポスターは多くの方々の手によって育てられ、それぞれの想いが詰まったポスターとなりました。自分を守り、みんなを守る。感染の拡大防止に役立てば嬉しいです。」

 

【医学監修】山畑 佳敦(京都府立医科大学 救急・災害医療システム学 講師)

【キャッチフレーズ】Keiko Kojima(グラフィックデザイナー)、竹島靖(コピーライター)

【デザイン】Keiko Kojima(グラフィックデザイナー)

【全体プロデュース】元木伸一(映像プロデューサー・ディレクター)

【企画】本田由佳(健康科学者)

【20代協力若者】金子沙由香(慶應義塾大学SFC卒業生)、上崎彩絵(慶應義塾大学SFC卒業生)、前田 綾香(慶應義塾大学SFC卒業生)、本田凌哉(大学生)

【ご賛同・協力団体】

プレコンセプションケア・ハートちゃん、TeamBONE、Team Smile、産科婦人科舘出張佐藤病院、桐朋女子中学校・高等学校、©︎メディテインメント(株式会社メディシンク)、出口小児科医院、大人の学び舎 大黒屋

【お問い合わせ】

慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム

*掲示にあたってのトラブル等の責任は一切負いません。


【10代・20代 新型コロナ予防啓発ポスター】無料DL開始/第1弾ポスター

【無料】みんながヒーロープロジェクト 新型コロナ感染症予防啓発対策ポスターを配布します│リニューアル第1弾

10代20代に人気の現役大学生イラストレーター

Artdirector     Redfish(Isomoto AKARI)さんのイラストを使用したポスターです。

新ロゴを入れてリニューアルしました。

ダウンロードはこちらから

「ダウンロードはこちらから」をクリックすると大きく表示されます。右クリックで「名前を付けて画像を保存」すると、ダウンロードされます。

【医学監修】

京都府立医科大学 救急・災害医療システム学 講師 山畑 佳敦 先生

京都市立病院 感染症内科 部長  山本 舜悟 先生

 

【イラスト】illustrator / Artdirector     Redfish(Isomoto AKARI)

1999年3月5日生まれ。京都府出身。イラストレーターRedfishとして、日本と韓国を拠点に活動している。アート・音楽・ファッション全て自身が生み出す世界観 #RED FISH WORLD を通して世界へ発信している。

(i_am_redfish 公式 Instagram     https://www.instagram.com/i_am_redfish/?hl=ja

*掲示にあたってのトラブル等の責任は一切負いません。


みんながヒーロープロジェクト、〜STOP!感染拡大-COVID19-〜 ロゴをリニューアル

予防できる新型コロナウイルス感染症 第3波から日本人の命と医療を守りたい!

新型コロナ感染症予防・啓発集団「みんながヒーロープロジェクト」、ロゴをリニューアルして再始動いたします!!

みんながヒーロープロジェクトは、感染拡大が続いている中、有志メンバーが協力して出来ることとして、特に若い方々と日本のステージ・Liveに関わる全ての方々を対象として、新型コロナウイルス感染症に対して今一度正しい知識と関心を持っていただくために、ロゴをリニューアルし、新型コロナウイルス感染症啓発メッセージコンテンツを制作、順次発信してまいります。

 

■新ロゴに込めた思い

10代、20代、30代の若い世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。しかしながら、厚労省のまとめでは、これまで20代で2人、30代で6人、40代で22人の死亡例があります。また、新型コロナウイルスはで、若い世代の無症状や軽い症状の方々が、重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。

感染者数が急増している地域において、これまで以上に感染リスクが高まっていると考え、「うつさらない うつさない」感染対策の行動をしっかり行いながら、この時期を元気に力強く立ち過ごしていただきたい!予防できる新型コロナ感染症 第3波から日本人の命と医療を守りたいというメッセージを、新ロゴに込めています。

(デザイン:赤井陽子、企画・プロデュース:元木伸一、本田由佳、医学監修:山畑 佳敦 )

 

 


【web調査ご協力のお願い】18歳〜39歳の未婚、妊娠・出産未経験の女性の方へ

2020年8月14日

慶應義塾大学SFC研究所健康情報コンソーシアムは、環境情報学部の学生さんとともに以下の研究を実施しております。
***********************************************************************************
・本研究は、任意参加による無記名のインターネット調査で得られた情報に基づき実施する調査で、謝礼等の報酬はございません。
・18歳以上39歳以下の対象となる方で調査にご協力いただける方には、改めて調査のご説明をリンク先の画面でご確認いただきます。
・調査について理解いただいたことを確認の上で、参加同意の意思確認をさせていただき、その上で、インターネット上でのアンケート(約8分)にお答えいただきます。
・本調査は、慶應義塾大学SFC実験・調査倫理委員会の承認を得て実施します。この調査で得られた結果は、論文や専門の学会で発表する予定です。
***********************************************************************************

<研究課題名>
「若年期女性の月経セルフケア、女性の健康に関する知識と関連要因の実態調査―月経・性教育を中心として―」

 <本研究の目的>
若年期女性を対象として、月経セルフケアと女性の健康に関する知識、また学校での月経・性教育を中心とした月経セルフケアと女性の健康に関する知識に関連する要因の実態を明らかにし、これからの月経・性教育のあり方を検討することを目的としております。

<調査方法>
対象となる方:18歳〜39歳、未婚、妊娠・出産未経験者の若年期女性で、調査への参加に同意した方

<調査の内容> 以下の9テーマ計46項目のアンケートにご回答頂きます。
「基本属性(5項目)」、「月経について(5項目)」、「生活習慣について(9項目)」、「月経前や月経中の症状(6項目)」、「女性の健康に関する知識(7項目)」、「月経セルフケア(5項目)」、「これまでに習った月経・性教育(3項目)」、「母親との会話(3項目)、「友人との会話(3項目)」

<データの取り扱いに関して>
アンケートの結果は、統計的な処理をして、回答者数や平均値などを、研究論文や月経教育等の健康施策の検討に活用させていただきます。この研究で得られた結果は、学会発表・医学雑誌などに公表されることがありますが、回答者のプライバシーは守られます。

<個人情報とデータの取り扱いに関して>
アンケートは無記名で行われます。取得した情報は、上記に示した目的以外には一切使用しません。個人が特定される情報はないものの、データの保管には万全を期し外部へは漏洩しません。

  • 参加に同意した後でも、回答途中でも、いつでも参加を取りやめることができます。しかし、アンケートを終了してしまうと、個人が特定できないために、データを取り消すことはできなくなります。
  • また、学会や論文等での公表後には、公表データの取り消しはできませんのでご了承ください。
  • 取得したデータは、「人を対象とする医学系研究の倫理指針」(厚生労働省)に則り、研究が終了した後 10 年以内に破棄します。
  • 個人情報は一切収集いたしませんのでご安心下さい。

<調査対象者の権利について>
この研究に参加するか否かは自由意志で決定していただきます。答えたくない質問項目については「無回答」にすることができ、それによる不利益はありません。また、成績や評価などに使用されることもありません。

<利益相反>
本研究は、一部、健康情報コンソーシアムの研究費によって実施しておりますが、研究結果および解析等に関連企業の影響を及ぼすことはありません。

<調査に参加することによる利益と不利益>
本研究に参加することによる費用の負担はありません。参加されなくても不利益を受けることは全くありません。

<知的財産権について>
研究の進展によっては、特許などの知的財産権が生ずる可能性がありますが、知的財産権の帰属は、研究者または慶應義塾、あるいは慶應義塾外の共同研究者との協議の上決定され、データ提供者に帰属することはありません。

<問い合わせ、苦情などの連絡先について>
本研究に関するご質問がありましたら下記の連絡先までお問い合わせください。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報および知的財産の保護に支障が無い範囲内で、研究計画書および関連資料を閲覧することができますのでお申し出ください。
なお、本研究に参加している方の権利が守られていないと思われた場合や、担当者以外の意見や情報が欲しい場合は以下連絡先へご連絡ください。
その場合でも協力者さんに不利益が生じることは有りません。

<調査への参加>
・調査への参加・回答は、お一人様【一回】でお願いいたします。
・研究の概要を再度ご確認いただき、ご協力いただける方は、同意の上、以下の研究に参加するのボタンをクリックの上、ご参加・ご協力いただけますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

***************************************************************
<調査に関するお問い合わせ先>

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
特任講師 本田由佳        Mail: yukahon@sfc.keio.ac.jp

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学 秋山美紀研究室
和田涼花(環境情報学部 4年)    Mail: t17889sw@sfc.keio.ac.jp

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
健康情報コンソーシアム事務局       Mail: hic@sfc.keio.co.jp
****************************************************************