【web調査ご協力のお願い】18歳〜39歳の未婚、妊娠・出産未経験の女性の方へ

2020年8月14日

慶應義塾大学SFC研究所健康情報コンソーシアムは、環境情報学部の学生さんとともに以下の研究を実施しております。
***********************************************************************************
・本研究は、任意参加による無記名のインターネット調査で得られた情報に基づき実施する調査で、謝礼等の報酬はございません。
・18歳以上39歳以下の対象となる方で調査にご協力いただける方には、改めて調査のご説明をリンク先の画面でご確認いただきます。
・調査について理解いただいたことを確認の上で、参加同意の意思確認をさせていただき、その上で、インターネット上でのアンケート(約8分)にお答えいただきます。
・本調査は、慶應義塾大学SFC実験・調査倫理委員会の承認を得て実施します。この調査で得られた結果は、論文や専門の学会で発表する予定です。
***********************************************************************************

<研究課題名>
「若年期女性の月経セルフケア、女性の健康に関する知識と関連要因の実態調査―月経・性教育を中心として―」

 <本研究の目的>
若年期女性を対象として、月経セルフケアと女性の健康に関する知識、また学校での月経・性教育を中心とした月経セルフケアと女性の健康に関する知識に関連する要因の実態を明らかにし、これからの月経・性教育のあり方を検討することを目的としております。

<調査方法>
対象となる方:18歳〜39歳、未婚、妊娠・出産未経験者の若年期女性で、調査への参加に同意した方

<調査の内容> 以下の9テーマ計46項目のアンケートにご回答頂きます。
「基本属性(5項目)」、「月経について(5項目)」、「生活習慣について(9項目)」、「月経前や月経中の症状(6項目)」、「女性の健康に関する知識(7項目)」、「月経セルフケア(5項目)」、「これまでに習った月経・性教育(3項目)」、「母親との会話(3項目)、「友人との会話(3項目)」

<データの取り扱いに関して>
アンケートの結果は、統計的な処理をして、回答者数や平均値などを、研究論文や月経教育等の健康施策の検討に活用させていただきます。この研究で得られた結果は、学会発表・医学雑誌などに公表されることがありますが、回答者のプライバシーは守られます。

<個人情報とデータの取り扱いに関して>
アンケートは無記名で行われます。取得した情報は、上記に示した目的以外には一切使用しません。個人が特定される情報はないものの、データの保管には万全を期し外部へは漏洩しません。

  • 参加に同意した後でも、回答途中でも、いつでも参加を取りやめることができます。しかし、アンケートを終了してしまうと、個人が特定できないために、データを取り消すことはできなくなります。
  • また、学会や論文等での公表後には、公表データの取り消しはできませんのでご了承ください。
  • 取得したデータは、「人を対象とする医学系研究の倫理指針」(厚生労働省)に則り、研究が終了した後 10 年以内に破棄します。
  • 個人情報は一切収集いたしませんのでご安心下さい。

<調査対象者の権利について>
この研究に参加するか否かは自由意志で決定していただきます。答えたくない質問項目については「無回答」にすることができ、それによる不利益はありません。また、成績や評価などに使用されることもありません。

<利益相反>
本研究は、一部、健康情報コンソーシアムの研究費によって実施しておりますが、研究結果および解析等に関連企業の影響を及ぼすことはありません。

<調査に参加することによる利益と不利益>
本研究に参加することによる費用の負担はありません。参加されなくても不利益を受けることは全くありません。

<知的財産権について>
研究の進展によっては、特許などの知的財産権が生ずる可能性がありますが、知的財産権の帰属は、研究者または慶應義塾、あるいは慶應義塾外の共同研究者との協議の上決定され、データ提供者に帰属することはありません。

<問い合わせ、苦情などの連絡先について>
本研究に関するご質問がありましたら下記の連絡先までお問い合わせください。ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報および知的財産の保護に支障が無い範囲内で、研究計画書および関連資料を閲覧することができますのでお申し出ください。
なお、本研究に参加している方の権利が守られていないと思われた場合や、担当者以外の意見や情報が欲しい場合は以下連絡先へご連絡ください。
その場合でも協力者さんに不利益が生じることは有りません。

<調査への参加>
・調査への参加・回答は、お一人様【一回】でお願いいたします。
・研究の概要を再度ご確認いただき、ご協力いただける方は、同意の上、以下の研究に参加するのボタンをクリックの上、ご参加・ご協力いただけますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

***************************************************************
<調査に関するお問い合わせ先>

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科
特任講師 本田由佳        Mail: yukahon@sfc.keio.ac.jp

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
慶應義塾大学 秋山美紀研究室
和田涼花(環境情報学部 4年)    Mail: t17889sw@sfc.keio.ac.jp

〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤 5322
健康情報コンソーシアム事務局       Mail: hic@sfc.keio.co.jp
****************************************************************


【新型コロナウィルス関連】みんなへ、3つのお願いと7つのロゴ公開(厚生労働省) /「健康情報コンソーシアム」

厚生労働省HPに【新型コロナウィルス】STOP感染拡大!のための3つのお願いと、7つのロゴが公開されましたので、シェアさせていただきます。

***************************************

自分のため、みんなのため、そして大切な人のため。私たち一人ひとりが、できることをしっかりやっていく。それが私たちの未来を作ります。

お願い1:外出はできるだけひかえてください。

やむを得ず外出する場合には、マスクを着用していただくようお願いします。

 

お願い2:「三密」(密集、密室、密接)を避けましょう。


集団感染は、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」という共通点があります。

できるだけ、そのような場所に行くことを避けていただき、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気を心がけていただく、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけてください。

 

お願い3:咳エチケット(咳やくしゃみをする際、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえること)や手洗いをお願いします。

 

新型コロナウイルス感染症は、罹患しても約8割は軽症で経過し、治癒する例が多いことが報告されていますが、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化するリスクが高いことが報告されています。皆さまご自身を守るため、そして、大切な人を守るため、3つのお願いへのご協力をお願いします。

 

さらにお願い:お友達にもぜひ3つのお願いを伝えていただけませんか。以下のロゴをご家庭や学校、職場において自由にお使いください。

(ロゴをクリックいただくと、厚生労働省ロゴデータページにとびます)

 

 

      

 

  

 

 

引用元:厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(2020.4.19アクセス) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html


【新型コロナウィルス関連】妊婦さん向け健康情報 /「妊婦さんの新型コロナウイルス感染症について – 母性内科と妊娠と薬情報センター」から情報公表 /「健康情報コンソーシアム」

医療現場の先生方、看護師さん・保健師さんをはじめ、全ての医療従事者の方たちに深い敬意と心から感謝いたします。

新型コロナウィルスの感染がいまだに広がって状況で、妊婦さんや、妊娠を希望されている方、また産後の方が不安に思う妊婦さんが多いという声を伺います。

そこで、健康情報コンソーシアムとしても、お役にたてるサイトになればと思い、妊婦さんなど、女性の健康情報についての記事もアップしてまいりたいと思います。

2020/4/13 、本コンソーシアムでの女性の健康支援研究活動で大変お世話になっている国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センターより「妊婦さんの新型コロナウイルス感染症について」 の情報が発信されました。

 

妊婦さんの新型コロナウイルス感染症について」 

【公表情報】

1)妊婦さんの新型コロナウイルス感染症に関するFAQ

2)主な候補薬の妊娠中の安全性について主な候補薬の妊娠中の安全性について