ワーキンググループ

3つの重点フォーカス領域


23

会員組織数(幹事会員・賛助会員・特例会員)

13

勉強会/イベント開催数(2022年度)

452

ご協力者様人数

1350

笑顔の数


Our Team

究者紹介


Latest news and updates

コンソーシアム最新情報


健康情報コラム|vol.14 性と生殖に関する健康と権利と基礎体温計測

性と生殖に関する健康と権利と基礎体温計測

女性のいのちと健康を守るために活動しているNGOジョイセフは、Sexual and Reproductive Health and Rightsとは、すべての人の「性」と「生き方」に関わる重要なこととしています。その中で、リプロダクティブ ・ライツ「産むか産まないか、いつ・何人子どもを持つかを自分で決める権利。妊娠、出産、中絶について十分な情報を得られ、[生殖]に関するすべてのことを自分で決められる権利」を行使するためには、まず自分の身体のことをしっかり知っていなければなりません。

最近は「性的同意」の話題が盛り上がり、合意があればそれでOKと早合点してしまう人もいるかもしれませんが、「性感染」や「妊娠」に関する配慮が重要です。性成熟期の20代30代の女性だけでなく、初経前のタイミングでも更年期でも排卵があり、妊娠の可能性があります。

 下の図は10歳から基礎体温を測り始めた方の長期グラフ(青線)ですが、オレンジの縦線は生理開始日となります。生理が始まる1014日前に少しだけ温度が上昇し、排卵があったことがわかります。排卵後の高温期と思われる場所を赤の四角で囲っています。

 

10歳~11歳の基礎体温グラフ

 

 一方、次のグラフは一般的にはそろそろ更年期と言われる50~51歳の方の長期グラフです。周期はやや短めですが、定期的に生理があり、ほぼすべてで2相性(低温期と高温期)がわかるグラフです。この方は53歳くらいで周期が長くなり、最後の生理は55歳でした。

 

50歳~51歳の基礎体温グラフ

 

 

これまで基礎体温は、妊娠したい人が測るものという考え方が一般的で、産婦人科のドクターからも「初経間もない頃や更年期は排卵しないことが多いので、基礎体温を測っても意味がない」と言われてきました。生理周期管理についてはスマホアプリなどで記録をつける方が増えましたが、生理が始まった日はわかりますが、いつ排卵したのか?ということは日数だけの記録ではわかりません。産婦人科のエコー検査で確認したり、排卵検査キットでチェックしたりする必要があります。また最近は妊活タイミングの分かるおりものシートなどもあるようですが、自分で確実に確認する方法は基礎体温の計測です。

基礎体温のグラフからは、排卵があったということだけでなく、そのグラフの波形から黄体の機能がわかり、卵胞がしっかり成長して排卵後に良い黄体ができたかどうか?(女性ホルモンがしっかり分泌されたかどうか?)がわかります。つまり生理周期が1周期分が終わったあとに基礎体温グラフを確認し、健康だったか?と振り返り、それをもとに、次の排卵や次の生理開始日を予測することになります。

「性的同意」も大切ですが、同時に、自分の身体を良く知り、「望まない妊娠は避ける」ことは基本でしょう。もしも人間的・経済的に未熟な中学生・高校生で妊娠したら、人生が大きく変わってしまいます。「10歳~11歳の基礎体温グラフ」でご覧いただいたように、初めての生理の前から妊娠の可能性はあります。また、わたしはもう子どもを産み終えたので関係ないわ!という人も、「50歳~51歳の基礎体温グラフ」で示したように、年齢的に更年期だと思っていても妊娠の可能性がある現実を理解してください。

基礎体温は、女性の一生をずっと見守ってくれるお守りです。

 

▼コラム筆者プロフィール 

北沢 真澄(キタザワ マスミ) キューオーエル株式会社、慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム個人会員メンバー。

 

 


健康情報コラム|vol.13 食べること、身体を動かすことが好きで、栄養士に

はじめまして!

管理栄養士の成島真理(なりしま まり)です。

専門学校を卒業し、給食会社やフィットネスクラブに勤めたのち、現在は個人事業主として学校や婦人科クリニック、食品会社などで活動しています。

慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアムには、女性の健康・プレコンセプションケアへの関心をきっかけに、2022年10月から参加しています。(TeamROSE・TeamEIYOに所属)

【食べること、身体を動かすことが好きで、栄養士になりました。】

小学生から陸上競技を始め、日々の練習に励んでいた高校時代のある日、思うように走れなくなった時期がありました。最初は「今日はちょっと調子が悪いだけ」と思っていたのですが、少し続いたために病院を受診すると、「貧血」とのこと。

お医者さんからは、食生活を見直すように言われ、「食事は量だけでなく、質も大事」ということを、身をもって知りました。(当時の食生活は、1日3食に加え、登校後は新発売のスイーツを、休み時間にはお菓子、昼食とは別に購買で買ったパン、部活後にも何かしら食べるなど、とにかく食欲旺盛でした・・・。)

思うように走れない期間は、自分にとってとても長く、日常生活に支障はなかったからこそ、「走れない」ことが悔しく、もどかしく日々でした。そして、無知だった自分の経験を無駄にしないように、もともと食べることが好きだったこともあり、栄養士を目指すことにしました。

栄養士として働きはじめると、仕事や周囲の環境から「女性の健康」に興味を持つようになり、何かできないかと考え、周囲にも話していました。そして、健康情報コンソーシアム「TeamROSE(女性の健康の研究と啓発チーム)」を友人に教えてもらい、参加を希望しました。

健康情報コンソーシアムでのこれまでの活動内容は、2022年12月開催されたシンポジウムにて、「看護師・管理栄養士カウンセリングにおける、若年女性のプレコンセプションケアに関するニーズの検討」と題したポスター発表を行い、翌年11月に渋谷区主催で行われたソーシャルイノベーションの祭典「SOCIAL INNOVATION WEEK 2023」では、働く女性の栄養カウンセリングを行いました。

 

 

 

栄養カウンセリングでは、「忙しい毎日の食事準備」に関するお悩みに対して、その方にとってのよりよい食生活を一緒に考えました。みなさんのお話を伺っていると、各家庭での「食事」の存在意義や優先順位が異なり、個人・家庭にあわせた食生活を提案する難しさを改めて感じました。

健康の三本柱の1つである「食事(栄養)」は、楽しさやおいしさも重要だと思っています。しかし、健康でなければ、やりたいことが思うようにできない、日常生活に支障をきたすこともあります。特に、妊娠を考える若年女性、カップルにおいては、本人の健康状態が将来のこどもの健康状態にも影響します。

管理栄養士として、ひとりでも多くの方のおいしい・楽しい食事に加えて、健康のために「やってみよう」、「できそう」と思える、行動変容につながるような活動をしていきたいです。

 

 

 


お問い合わせ

健康情報コンソーシアム、そのイベント等へのお問い合わせは下記までお願いいたします。